開発者の想い

私たちファミくるプロジェクトは、2017年6月より活動をはじめました。
これまでにサマースクール「サマクル」、Youtube番組「ファミくるTV」などの企画運営を行っています。
子育てを頑張るご両親を応援し、子どもたちの自主性を育むことを目的として活動しています。

2019年4月に開校しました少人数制民間学童サービス「FamiCle+」については、
子どもたちが安心して過ごせる場を提供することはもちろん、
特に「子どもたちの自主性を育む」という点に重きをおいて企画を詰めて参りました。

ネイティブによる英語教育を通して、国際的なバックグラウンドをもった人々との交流を楽しんで欲しい。
プロの開発者によるプログラミングの授業を通して、ものづくりの楽しさを味わって欲しい。
中学受験の勉強が本格的にはじまる前の1年生~3年生の時期に、様々な切り口の授業を通して学ぶことの楽しさをしっかりと認識して欲しい。
こうした1つ1つの想いをサービスに込め、子どもたちが自らの好奇心をもとに積極的に取り組み、学んでいくことができる環境づくりを進めています。

また多くの人々と出会い、様々な学びや遊び、異文化体験などを通じて、
「自分はどのような人間なのか」「自分が本当にしたいことは何か」を掴んでいくことが、子ども時代には特に必要ではないでしょうか。
教育の場と実社会の壁を低くし、子どもたちが幼いときから社会の一員として自覚できる場所、
そして自分自身の可能性を最大限輝かせるきっかけを与えられる場所をつくりたいと考え、「FamiCle+」を開校いたしました。

AIの導入やグローバル化が進み、様変わりしていく社会の中でも、
人間としての本質を掴み、社会に大きく貢献できる人材を育てるべく、微力ながらお手伝いができればと考えております。

ファミくるプロジェクト代表橋詰 チエミ

Famicle Operation Member

  • 橋詰 チエミ
  • 櫛田 摩耶
  • 佐藤 あかね
  • 窪田 真人
  • 田村 一真

トップへ