アートコンテンツ 宝島の地図をつくろう

活動報告

9月17日(木)に行われたアートコンテンツの様子について報告いたします!今回は「宝島の地図をつくろう」と題して、クラフト紙(茶封筒や包み紙等で使用される紙)を使ったアートに挑戦しました。

まず、クラフト紙をくしゃくしゃにして古い地図の雰囲気を作ります。次に、赤と黒のボールペンで思い思いの宝の地図を描き込んでいきます。

「宝島にはどうやって行ったらいいかな?」という問いに「船で行く!」「気球に乗って行く!」「トンネルを掘って道をつくる!」などのアイデアが出ました。また「宝島にはどんなものがあるかな?」という問いには「川や山、城、怪獣、ドクロ」等の案が出ました。時には資料も参考にしながら、様々に描いていきました。

描き込みができたら、よりリアルな古い地図の雰囲気を出すために、ところどころ破いてみたり、紅茶とコーヒーを用意して、ティッシュで上からポンポンと叩きつけました。

宝箱を二つ描いて、一つは海の底に、もう一つは洞窟に置いたりする子や

「気をつけろ」と書かれた標識をたくさん描いて宝島にたどり着くのが難しそうな地図を描く子、

宝島自体をドクロの形にした子、

大胆な破り方をして古い地図の感じを出した子、

描いた地図をわざと大きく破いたあとに、ホッチキスやセロハンテープでくっつける子、

水族館やお城などテーマパーク要素をたくさん取り入れた宝島を作った子もいて、どれもワクワクする個性の光る宝島の地図が完成しました!

ご参加いただいた皆様ありがとうございました☆