プログラミング的思考を身につけよう④

活動報告

7月13日(月)は「ポッキーを使って、プログラミングを楽しもう!」というテーマでコンテンツを開催しました。

江崎グリコ社が提供しているGLICODEというアプリを使って、みんなで楽しみながらプログラミングに対する理解を深めました:)

8月にはサマクル2020(ファミくるのサマースクール)にて、実際にスクラッチジュニアを用いてオリジナルゲーム作りに取り組みます。そのゲーム作りに必要となる、基本的な考え方を身に付けることを目標に行いました!

まずはじめに、過去のプログラミングコンテンツを振り返りながら、「プログラミングとは何か?」をみんなで復習しました。

因みに過去のコンテンツでは、コリドールというプログラミング的思考を身に付けることができるゲームや、クッキーのレシピを元に論理的思考を身に付けるワーク(&実際にクッキーを作ってみんなで食べるワーク)を行ったりしています。

その後はGLICODEのルールについて説明し、いよいよGLICODEに挑戦です!

GLICODEはポッキーをルールに従って並べることで、メインキャラクターのハグハグをプログラミングで動かし、 泣いたり困ったりしてる子供たちのところまで連れて行って励ましてあげる(ハグをしてあげる)ゲームです。

全9問用意していたのですが、みんな真剣そのもの!とても集中して取り組んでくれました:)

短時間の間に全9問解き切ってしまう強者も!笑

みんな楽しみながら、繰り返しの概念を含むプログラミング的思考を身に付けることができたと思います!

8月はいよいよサマクル2020にて、みんなでオリジナルゲーム作りに挑戦します。みなさまのご参加お待ちしております!:)