アートコンテンツ 手を描いてみよう

活動報告

6月4日(木)は「手を描いてみよう」という内容で、アートコンテンツを開催しました!

手をよく見ると爪や関節はもちろんのこと、皺や毛、血管、骨格など様々な点を注意深く観察しないと描くことはできません。今回のコンテンツでは、観察力と表現力を鍛えることを目的に取り組みました。

まず手を描く上で必要となる知識として、手の構造(骨格)についてみんなで勉強!

その上で、どういった点に注意して書くべきかをみんなで話し合い、確認しました。

みんなで話し合った注意点を意識しながら、いよいよ各自手を描いていきます!

自分の手を注意しながら観察し、まずは鉛筆でのデッサンです!みんな「難しい!」と言いつつ、真剣に取り組んでくれました:)

その後は、いよいよ色付けです。肌色だけではなく赤やピンク、また血管の青など、手の中にある様々な色を注意深く表現しました!

手が完成した後は、各自手の周りの背景も描いていきます!中には絵を通して、独自のストーリーを作る子も!!笑

みんなとても集中しながら観察力&表現力を育みつつ、手の絵を完成させることができました!ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました:)

6月より、アートコンテンツは毎週木曜日16~18時に開催しています。皆様のご参加、お待ちしております!