プログラミング的思考を身につけよう②

活動報告

18日は「プログラミング的思考を身につけよう」コンテンツの第2回目でした。本日はその報告をいたします:)

第2回目の授業は、まず前回の復習からスタート!

前回の授業では、コリドールというゲームを使ってアルゴリズムに対する理解を深めましたが、今回はドラえもんのころがスイッチを使ってアルゴリズムとは何かについて復習しました。

制限時間内にみんなで協力してコースを作り、ボールをスタート地点からゴール地点まで移動させます。ブロックを組み合わせ、高低差をうまくつくろうとみんな真剣です!

コースが完成した後もすぐには終わりません 笑

「カーブを3か所以上入れてください」、「ボールを4個以上使ってください」といったサポーターからの様々なミッションに対し、みんなでコースに変更を加えてクリアしていきました!

その後は本日の目玉、クッキー作りをテーマにプログラミング的思考を鍛えるワークを行いました!クッキーのレシピの各工程が書かれたカードを1組ずつ子どもたちに渡し、正しい順番に並び変えてもらいました。

まずはしっかり7分間、子どもたちがそれぞれ1人で考えます。「お砂糖と薄力粉を混ぜる前に、お砂糖の量を量っておかなくちゃいけないな。」、「型抜きをする前に生地をつくっておく必要があるな。」など、みんなしっかり考えながら、並び変えていきました!

その後はみんなで、自分が考えたレシピを発表です!ホワイトボードに書き出しつつ、みんなの意見をまとめていきました。それぞれの意見をぶつけ合いながら、何とかクッキーのレシピが完成しました!

みんなレシピ完成に大喜び!笑

6月15日の「プログラミング的思考を身につけよう」の授業では、実際にこのレシピを元にみんなでクッキーづくりに挑戦します!みなさまのご参加お待ちしています:)