町にあるものを英語で言ってみよう!

活動報告

12月6日(金)、10日(火)は英語コンテンツにて、「町にあるものを英語で言ってみよう!」をテーマに講義を行いました。

LibraryやHospitalといった単語を、ネイティブの先生と意味と発音を確認していきます。合わせて”Where do you want to go?”、“Turn to the right / left.”といったフレーズを勉強しました!

単語とフレーズをインプットした後は、みんなでアウトプットします。

サポーターが事前に作っておいたガムテープの街の道(地図)に、LibraryやHospitalといった単語が書かれたカードを置いてみんなで街を作ります。「Where is a library?」「A library is here.」といったやり取りをしながら、どんどん街を作っていきます!

街を作った後は、みんなでタクシーゲームです!子どもたちがタクシードライバー、ネイティブの先生、バイリンガルのサポーターがお客さんになり、目的地まで連れて行って貰います。

子どもたちはタクシードライバーとして”Where do you want to go?”とお客さんに質問し、目的地を聞き出さなくてはなりません。

また分かれ道にきたら、タクシードライバーは ”Go straight.” “Turn to the right / left.”と言って進むことをルールに、ゲームを行いました!

このゲームにはみんな大盛り上がり!終わる頃にはしっかり、LibraryやHospitalといった単語やフレーズをマスターしてくれました。

次回は12月13日(金)&17日(火)に「職業を英語で言ってみよう!」をテーマにコンテンツを開催予定です。お気軽にご参加ください!